群馬県の渓流でカメラ遊び!

こんちは!たけしです!


今日は仕事が休みだったので

朝5時に起きて写真を撮りに行った!

俺の住んでる群馬県太田市

渓流が無い!ので

車で1時間かけて渓流へ行く!


「えっ!?群馬って山でしょ!?渓流ないの?」


はい。

わかります。

皆さんがそう言いたい気持ちは。


群馬県内でも渓流の無い町もあるんです!


俺の住む太田市もその一つ。

なので車で1時間掛けて渓流に行きます!


渡良瀬川水系のとある川。


最近は比較的暖かくなってきましたが

渓流はまだまだ寒く、雪が残ってます。



f:id:takeshi09111986:20180228123639j:plain


雪には所々に獣の足跡があり、

熊には気をつけなければいけません!


早速カメラを取り出し

目的の滝の写真を撮る。



f:id:takeshi09111986:20180228140708j:plain


滝細っ!


冬は水量が少ないです。

夏の前ぐらいはもっと水量があり

いい感じなんですけどね。



上からの写真だとイマイチ迫力がないな。

今日はロープも持参してきたので

ロープを使い、滝の下へ行く。


アングルを変えて


f:id:takeshi09111986:20180228155541j:plain


あー。(・∀・)イイ!!


やっぱ下からだ!

でも滝の上が白飛びしてる(^ω^;);););)


滝の近くはマイナスイオンが全開で

凄く心地がよく癒されます。


滝から離れ、残雪の上を歩き写真を撮る。


小さい落ち込みも寄って撮れば


f:id:takeshi09111986:20180228160202j:plain



f:id:takeshi09111986:20180228160407j:plain


いい感じ( ・∀・)


渓流に来るといつも思うが、

釣りがしたくなる!

だが、あと数日で解禁なので

今日の所はお預け。


1時間ほど写真を撮りながら渓流を散歩。


f:id:takeshi09111986:20180228183711j:plain


ここで朝食。

山ご飯はコレでしょ!!


山に来ると活躍するのがコレ!

シングルバーナー


f:id:takeshi09111986:20180228175040j:plain


本体はこんなに小さいよ!



f:id:takeshi09111986:20180228175225j:plain


クッカーセットはコレ!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CW-300 キャメルウィル キャンピング鍋 4点セット携帯袋付
価格:698円(税込、送料別) (2018/2/28時点)



このバーナーとガスボンベクッカーセットは

全部クッカーセットの袋に収納可能!


f:id:takeshi09111986:20180228180114j:plain


f:id:takeshi09111986:20180228180136j:plain


この最低限のセットがあれば

山だろうと海だろうとお湯を沸かせば

カップラーメンや温かいコーヒーが

作れます!

凄く便利で俺は釣りや海水浴の時は

必ず携帯してる。

俺が買った上のバーナーは楽天

送料入れて1200円ぐらいだった。

クッカーセットは地元の店で

1000円ぐらいで買った。

もし持ってなくて「欲しいな」って思ったら

上のリンクを参考に安い所を探して

買ってみて。

アウトドアする人には凄いオススメ!


話がそれましたが、コレで温めるのは


f:id:takeshi09111986:20180228181621j:plain


最近、山ラーメンは飽きたので

牛丼を攻めてみます!


勿論ご飯も持参。


f:id:takeshi09111986:20180228181912j:plain

クッカーセットの中にラップ敷いて

白米を包んで持ち運ぶ。

完璧な持ち運び方法です(*・∀-)


では温めます。


f:id:takeshi09111986:20180228182339j:plain


こんな事すれば温かい缶コーヒーも飲める!


f:id:takeshi09111986:20180228182435j:plain


温める時はプルタブは開けましょう。

次はご飯を温めます。


f:id:takeshi09111986:20180228182859j:plain


最後に牛丼を掛ければ完成!


f:id:takeshi09111986:20180228182946j:plain


いただきます!


(≧ω≦)ンマーッ


人工的な音が聞こえず

川のせせらぎ、鳥のさえずりを

聴きながらのご飯は凄く美味しいです!

大自然の中で食べると格別ですな。



後片付けしてこれにて終了。


川を後にし道路を歩いてると

山肌の雪が解けて擁壁に流れ、少しづつ凍り

巨大なつららのようになっていた。


f:id:takeshi09111986:20180228160555j:plain


一番ぶ厚い所で20㎝以上あります!

山奥ではまだまだ冬景色でした。

また1時間ちょいかけて帰ります……

またね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます!

是非また見に来てね☆

↓の[読者になる]を押して
是非追加をお願いします!

コメントも是非!